いざ、名古屋…第4夜

画像


通りから折れ、緩やかな坂を上っていくと博物館本館があります。

画像


銀色の建物にトヨタ自動車のコーポレートカラーでもある赤を配した建物です。
入り口を入ってすぐのところにトヨタ初の市販車(1936年4月)のAA型(復元車)が展示されています。
トヨタ自動車の歴史はここから始まったといってもいいくらいの象徴的存在です。

画像

画像

画像


AA型の時は社名が「トヨタ」ではなく「トヨダ」だったんですね…
AA型は入り口は行ってすぐと、3階に色違いで室内の様子がわかるようになっている物の2台あります。

画像

画像


T型フォード」や1886年に作られた世界初の自動車「ベンツ1号車」などの数々のクラッシックカーが展示されています。
行ったときには特別展「世界の名車展」が行なわれていました。

画像

画像

画像


石原裕次郎が愛したことでも有名な「ベンツ300SL」や映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズ』に登場した「デロリアン DMC-12」。
そして数々の先進安全装備を搭載しながら、利権問題で闇に葬られた「タッカー・トーペード
」など貴重な名車が展示され、わかりやすく解説されていました。
余談ではありますが、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズ』ではタイムマシーンは最初「冷蔵庫(日本映画の『バブルでGo!!』は洗濯機でしたが…)」の予定でしたが、子どもが真似をして事故が起こる危険があると言うことと近未来的な雰囲気を出したいと言う意向から「デロリアン DMC-12」がえらばれてそうです…
もし、「冷蔵庫」のままでは映画も人気が出なかったかもしれませんね。

画像

画像

画像

画像


トヨタ2000GTトヨタS800などの憧れの名車や、戦後登場した大衆車なども展示され車好きにはたまらない場所ですね。
ぜひ、また行きたいと思います。子どもといく場合にはちょっと退屈かも…

****************************************************************************
トヨタ博物館



住所 愛知県愛知郡長久手町大字長湫字横道41-100
電話 0561-63-5151(代)
開館時間 9:30~17:00 (入館受付は16:30まで
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)及び年末年始 ※臨時休館あり
入館料 大人 1000円
     65歳以上 500円
     中高生 600円
     小学生 400円
     (トヨタTS3カード利用で割引特典あり)





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

simatoki
2008年06月04日 07:02
ロンパパさん こんにちは。ノリタケは、名古屋が発祥地だったんですね。知りませんでした。トヨタ博物館は車の好きな人には、たまらない博物館のようですね。ロンパパさんもそうなのかな。
ひょいと名古屋に移動してしまう行動力、素晴らしいです♪

ロンパパ
2008年06月04日 20:16
そうですね。陶器のノリタケの名前は地名から来ているんですよ。
私も名古屋に行ってはじめて知りました。

この記事へのトラックバック