今日は一周忌です…

早いものです。
ロンさんが旅立ってから、今日でちょうど1年になります。
残念ながらうちでは特別なことはしていないのですが…

画像


画像


画像


画像


画像


画像


カメラを向けると必ずと言っていいぐらいカメラ目線で写真に収まっています。
初めてのわんこではないのですが、忘れられないわんこでした。
いつもそばについて歩き、影のような…いや、自分の分身のようなロンさんでした。

あの日は仕事でロンさんの最期には立ち会えませんでした。
でも、あの日休みでロンさんの最後に立ち会うことになっていたら…
おそらく半狂乱になっていたと思います。

本当に悔やまれるべきは旅立つ前の晩、不自由な体で出迎えに出てきて、後を付いてきたのを「あぶないから…」とゲージに戻してしまったことでしょうか…

退院後、よたよたと歩いていたロンさんでしたが、あの日はわりとしっかりした足取りで歩いて出てきました。
でも、母から聞いた話だと、日中心臓発作みたいなものをおこして、そのまま死んでしまうのではとびっくりしたそうです。

予兆はあったのですね…
でも、迎えに出てきたロンさんを見た私はあまりそのことを深刻なことと思わなかったのです。

ロンさんなりに何か…最後の別れでも言おうとしていたのでしょうか?
もしも、ロンさんの話がわかったら…ロンさんが人間の言葉で話せたら…

犬(いや、犬以外のペットでも)と暮らしていると必ず思うことです。

画像


画像


安心しきった寝顔ももう見ることはできません。
やがて、時間の枯れ葉の中にうずもれて行ってしまうことでしょう…

最後に前にも載せましたが…

**************************************************************************************
「最後だとわかっていたなら」
ノーマ・コーネット・マレック 作:佐川睦 訳

あなたが眠りにつくのを見るのが最後だとわかっていたら
わたしはもっとちゃんとカバーをかけて神様にその魂を守ってくださるように祈っただろう

あなたがドアを出て行くのを見るのが最後だとわかっていたら
わたしはあなたを抱きしめてキスをしてそしてまたもう一度呼び寄せて抱きしめただろう

あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが最後だとわかっていたら
わたしはその一部始終をビデオにとって毎日繰り返し見ただろう

確かにいつも明日はやってくる見過ごしたことも取り返せる
やりまちがったこともやり直す機会がいつでも与えられている

「あなたを愛してる」と言うことはいつだってできるし
「何か手伝おうか?」と声をかけることもいつだってできる

でも、もしそれがわたしの勘違いで、今日で全てが終わるとしたら…
わたしは今日どんなにあなたを愛しているか伝えたい

そして私達は忘れないようにしたい

若い人にも年老いた人にも
明日は誰にも約束されていないのだということを
愛する人を抱きしめるのは
今日が最後になるかもしれないことを

明日が来るのを待っているなら 今日でもいいはず
もし明日が来ないとしたら あなたは今日を後悔するだろうから

微笑みや抱擁やキスをするためのほんのちょっとの時間をどうして惜しんだのかと
忙しさを理由にその人の最後の願いとなってしまったことをどうしてしてあげられなかったのかと

だから今日あなたの大切な人たちをしっかりと抱きしめよう
そしてその人を愛していること
いつでもいつまでも大切な存在だと言うことをそっと伝えよう

「ごめんね」や「許してね」や「ありがとう」や
「気にしないで」を伝える時を持とう
そうすれば、もし明日が来ないとしても
あなたは今日を後悔しないだろうから…

***************************************************************************************


この詩が重く感じられます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2009年04月22日 21:46
はじめまして。気持ち玉ありがとうございます。ロンさんは、1周忌なんでしたか。一つ前のブログから、お邪魔したのですが、横浜の私もよく行くところで、写真撮られていて拝見しました。もしかしたら、どこかですれ違ってるかもしれませんね。ロンさんの写真は本当に愛情が通じた者同士の目線ですね。今日の写真も大変すばらしいものでした。いつかは通る道ですが、今日は大変いい話を見せていただきました。ロンさん、パパさんありがとう。
ロンパパ
2009年04月22日 23:19
コメント、そして気持ち玉こちらこそありがとうございます。
ロンさんとはとても楽しい13年間でした。
犬と暮らす楽しさをロンさんは教えてくれた気がします。
ももおやじさんのブログ寄らせて下さいね。
楽しみにしています。

この記事へのトラックバック