青堀温泉へ行ってきました…

今、東京湾アクアラインがお得なんですよね。
来年の3月31日まで料金割引社会実験で、浮島ICから木更津金田ICまでETC車載機搭載の普通車が通常3000円のところ800円で通れるので…

久しぶりに、千葉・房総半島へ出かけてきましたよ。

画像


ロンさんとよく房総半島へ出かけましたが、このときはフェリーで行くかアクアラインを使うかで悩みました。
今回は迷うことなくアクアラインです。

さて…お昼を過ぎてから出かけることにしたので、あまり遠くへはいけないので、近場でゆっくりできるところと思って、いろいろと情報を集めていたら…

富津市に天然温泉がある

午後から出かけても十分のんびりできる場所だし…
じゃぁ、行ってみようということで出かけてきました。

画像


青堀温泉 ホテル静養園さんです。
こちらの温泉(鉱泉)はアメリカでコック修業をして帰国をした初代が掘り当てたそうで

画像


毎分4リットルで掘り当てた大正2年から変わることなく自噴しているとのこと。
ホテルの入り口にある築山の片隅に造られた井戸からコンコンと湧きだしております。
加熱・ある程度の循環をさせていますが、無加水、無薬品注入で新しいお湯をどんどん継ぎ足すやり方
泉質はナトリウム塩化物泉(ヨード、ブローム塩泉)の黒湯です。

ホテルのフロントで入浴料を払い…

画像


本館わきの建物へ。

画像


古き良き時代の雰囲気を残した脱衣所で着替えをします。
コインロッカーはないので貴重品は忘れずにフロントで預けましょうね。

画像


内湯は5人も入るといっぱいになるこじんまりとした感じ…
ラカンは4つありました。
ドーム状の天井と窓からさす光が何ともレトロな感じをかもし出します。
こぎれいに整えられたスーパー銭湯に慣れた目からは新鮮な印象です。

画像


表には定員3人ほどの小さな露天風呂かあります。
こちらは割と最近造られたみたいです…
でも、塀が低いので、男湯の露天ぶろからホテルの車寄せがばっちり望めます…
ということは、ホテルの車寄せから覗けてしまうんですよね。

まぁ、女湯のほうはそのようなことはないのでご安心を。

黒湯というと鉱物油臭が鼻をつくところが多いのですが、こちらの湯はにおいもほとんどなく、ゆっくりとつかっていられます。

昼間のお風呂…
ほかに入ってくる人もいなかったので、貸し切り状態を満喫しました。
お風呂あがりは肌がつるつるしました。
お勧めのお風呂ですよ。

あと、なかなか興味深いスポットを見つけまして…
ホテル静養園さんから歩いて5分ほどのところにですね、『ノリと海の資料館(君津市漁業資料館)』というのを見つけました。

画像


関東地方では 千葉県は海苔の産地。
木更津から富津市にかけてはノリヒビ(海苔を根付かせ、育てるための道具)が見られますし、通ってきたアクアラインからも見ることができます。

そんな海苔の一大産地も江戸時代の海苔商人・近江屋甚兵衛の努力と出合いで作られたということを知ることができます。

入り口で渡されるパンフレットと…

画像


千葉県特産のおいしい焼き海苔がついてきました。


お酒の肴に!自分で焼いて、!江戸前千葉海苔 極上青混ぜ乾海苔(ほしのり)(10枚)1帖
江戸前千葉海苔の船橋一番
江戸前千葉県産青混ぜ(あおまぜ) 乾海苔(ほしのり)です。ご自分でお好みで焼いて召し上がれ!! お醤


楽天市場 by ウェブリブログ



***************************************************************************************
青堀温泉 ホテル静養園「琥珀の湯」



住所 千葉県富津市大堀1528
電話 0439-87-1221
営業時間 通年 12:00~22:00(要問合)
定休日 12月30日(施設点検のため臨時休業有)
料金 大人 600円
    子ども 300円

駐車場 80台

君津市漁業資料館 『ノリと海の資料館』



住所 千葉県君津市人見1294-14
電話  0439-55-8397(君津市教育委員会生涯学習課)
開館時間 9:00~16:30
休館日 月曜日・国民の祝日・年末年始
入館料 無料
駐車場 あり(乗用車5台程度)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

simatoki
2009年09月18日 18:28
鉱泉はまだ入ったことがありません。
いってみたいなぁ。。。
こちらも覚えておかなくちゃ♪
ロンパパさん、いろいろな温泉にはいりましたねぇ。
ロンパパ
2009年09月19日 02:20
地表の気温より著しく温度の高い(日本の温泉法では25度以上)湧水を温泉、それ未満の温度の湧水を鉱泉と呼ぶそうですね。
静養園の源泉は26.8度なので前出の基準ではギリギリ温泉になりますけど、地図やガイドブックをよっては鉱泉の分類に入れているところがあるんですよ。


裕治伯爵
2009年09月29日 18:56
ブログにコメント!有難うございました。温泉って、本当に良いですよね。裕治伯爵も5年前まで、横浜在住の都内勤務でした。当時から伊豆とは縁があり週末は伊豆で過ごすって事も・・・
でも、35年間を過ごした神奈川には思い出も多いです。これから、ロンパパさんのブログを眺め、懐かしいなぁ~と感じていきたいと思います。もちろん、それを参考に訪れてみるだろう裕治伯爵です。
ロンパパ
2009年10月03日 00:02
裕治伯爵さん、さっそくのコメントありがとうございます。
裕治伯爵さんは静岡にお住ということ。
伊豆とかには温泉がいろいろあるので、うらやましいです。
ブログ、また寄らせてもらいます。

この記事へのトラックバック