JAL CARGO…

専用機の航空貨物は撤退…旅客機では継続

会社更生法の適用を受けて再建中の日本航空は25日、貨物専用機を使った航空貨物事業から今年10月末をめどに撤退すると発表した。
旅客機の荷物スペースを活用した事業は継続するが、貨物供給量(国際線のみ)は現在から25%減少する見込みという。

日本航空は「量から質への転換を図ることで、貨物事業の早期黒字化につながる」としている。

日本航空によると、国際線として就航している貨物専用機10機のうち、保有している大型機5機は売却の方針。
国際線・国内線をあわせた航空貨物事業は09年4~12月で100億円程度の赤字だが、旅客機を活用した事業は黒字で、貨物専用機の事業は赤字だという。

2010年3月25日

************************************************************************************************

経営再建中の日本航空に新たな動きが出てきましたね。
赤字続きの航空貨物部門を廃止するとのこと。
貨物専門の航空会社の多くが空港から空港だけではなく、「戸口から空港、空港から戸口」とトータルで物流提案をしているのに対して…
陸での物流を持たない日本航空はそのブランドネームだけでは、他社との競争では不利ですよね。

かつて、日本航空もヤマト運輸や日本通運とともに『日本ユニバーサル航空』という貨物専門の子会社を立ち上げましたが、拠点となる羽田空港の発着枠不足などで、わずか設立後わずか1年で運航停止に追い込まれいるんですよね。

さて、現在 日本航空以外に専用機を使って貨物輸送をしている日本の航空会社は…

まずは 



日本郵船グループの『日本貨物航空』。
一般航空貨物を輸送する貨物専門航空会社としては世界有数の運航規模を誇る『日本貨物航空』ですが、その船出は苦難の連続で、事業免許が取得できず就航まで7年(計画段階から数えると約20年)かかっているんだそうです。

機体は白と2色の青のトリトンカラー。
何となくANA(全日空)似ていますよね。
今でこそ、完全に日本郵船グループの一員となっていますが、就航当初は全日空との共同経営でした。
そんな背景が機体の塗装に現れています。

貨物専門航空会社で、わたくしロンパパが好きな塗装であります。
(全日空・大韓航空・日本貨物航空の3社のカラーリングがお気に入り)
また、最近、数少なくなってきているボーイング747F(貨物型)の運航会社の一つです。 

そして…



ANA(全日空・ANA & JP エクスプレス)ですね。
ANAは旅客機のカーゴスペースを使っての輸送も行っていますが、貨物専用機としてボーイング767-300ERFを4機保有し運航しています。

ANAも陸送部門を持たないのですが、日本郵政公社(現在の郵便事業株式会社)や日本通運と提携・合弁することで、この点を補っています。

直接利用しない航空会社ですが、意外なところで私たちの生活を支えております。

撮影はいつもの『成田市さくらの山』で、地上ではそれほど風が強かったわけではなかったんですよ。
でも、1本目の『日本貨物航空』の747Fも2本目のANAも風にあおられ、揺れているんですよねぇ…

そういえば、作家で元パイロットであった内田幹樹さんがその著書の中で、『成田空港は風の変化に注意が必要』としていました。
記憶に新しいところでは2009年3月23日着陸寸前のフェデックス・エクスプレス機が風にあおられ転覆・炎上という事故も起きているぐらいですから。

でも、地上はのどかなもので…

画像


画像


ミツバチが菜の花の周りで蜜集めに忙しそうに飛び回っておりました。




機長からアナウンス (新潮文庫)
新潮社
内田 幹樹

ユーザレビュー:
面白い部分とぼちぼち ...
航空業界に興味がある ...
航空機パイロットの体 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

文殊
2010年03月29日 20:48
燃えましたよねぇ~FedEx!
あの映像を見て「ああ~積荷がぁ~!」と
別に自分の荷物が積まれていたわけでも
ないのにアウアウした思い出が・・・

そういえば、今はなき香港啓徳国際空港に
ぐわんぐわん風に煽られつつもギリで
着陸する航空機の映像がyoutubeにあったような・・・
それを見て、思わず啓徳国際空港の
DVDを入手してしまった私
ロンパパ
2010年03月30日 23:25
FedEx機事故は本当に驚きでしたね。
後日、本屋で雑誌を立ち読みしていたら滑走路へと侵入していく事故機の最後の姿の写真が掲載されていました。
『まさか、この直後あんなことになるとは…』というコメントが添えられていました。
そうそう、文殊さんが言っていた映像ですが…
ものすごい横風の中、香港啓徳国際空港に着陸するJAL CARGOってやつ。
YouTubeで見ましたよ。
すごいですよね…滑走路に対して真横を向いて着陸なんですから…
まさにプロの仕事ですね。

この記事へのトラックバック