それを言っちゃぁ、おしまいよ…

最後まで女優…三崎千恵子さん大往生

画像


 映画「男はつらいよ」シリーズで寅さんの「おばちゃん」役で親しまれた女優・三崎千恵子(みさき・ちえこ)さん(本名・宮阪トシ=みやさか・とし)が13日午後7時15分、老衰のため、神奈川県鎌倉市の病院で亡くなった。90歳だった。69年の第1作から最終48作まで渥美清さんふんする寅次郎のおばちゃんを演じた。通夜は18日午後6時から、葬儀・告別式は19日午後1時半から神奈川県藤沢市藤沢493のカルチャーBONDS藤沢で営まれる。喪主は長女柴順子(しば・じゅんこ)さん。

 だんご屋「とらや」のおばちゃんが亡くなった。三崎さんは昨年公開のドキュメンタリー映画「ムーランルージュの青春」に車いす姿で出演しており、最後まで女優だった。昨年5月ごろに体調を崩し、鎌倉の老人ホームも併設された病院に入院。今月初めには「男はつらいよ」の山田洋次監督、さくら役の倍賞千恵子らが見舞いに訪れたが、13日夜、家族にみとられて息を引き取った。1人娘の順子さんは「苦しまず大往生でした。前日まで元気で、声をかけると分かってくれました」と話した。

 寅次郎の渥美清さん、夫のオイちゃんを演じた初代森川信さん、2代目松村達雄さん、3代目下條正巳さん、御前様の笠智衆さん、印刷工場のタコ社長太宰久雄さんに続き、寅さんファミリーの1人がまた天国へ旅立った。

 69年に「男はつらいよ」の寅次郎のおばちゃん、車つね役に起用された。当時、夫の両親の世話をするため女優をやめようと思っていた。山田監督の説得に最後の記念にと出演したが、以来、渥美さんが亡くなって最終作となった95年の48作まで全作に出演。陽気で人情家の下町のおかみさんを演じ続け、庶民的な芸風で人気を集めた。着物が大好きで、三越などで「三崎着付け教室」を開くほど。「男はつらいよ」でも着物姿が多く、下町のおばちゃんらしい着物の着方にこだわった。

 女学校を卒業し、百貨店の白木屋に入社。コーラス部活動でスカウトされ、松竹演芸部の歌手としてデビュー。新宿ムーランルージュで女優として活躍し、42年、劇団仲間の俳優宮阪将嘉さんと結婚。54年に劇団民芸に入団し、舞台「アンネの日記」などに出演し、日活のアクション映画に多数出演した。おばちゃん役のイメージが強く、役が来ない時期もあったが、「男はつらいよ」後は「やりたいことがたくさんある」と、ドラマ、映画、舞台にも積極的に出演し、ボランティア活動にも参加。小唄や荻江節の名取になるほどの粋人だった。

                            朝日新聞 デジタル版より
********************************************************************************************

朝、テレビをつけると芸能ニュースで伝えておりました…

『男はつらいよ』のおばちゃんを演じていた三崎千恵子さんがお亡くなりになったそうですね。

じつは…『男はつらいよ』は知ってはおりましたが、若いころは面白いとは思っておりませんでした。

そう、退屈な映画ぐらいにしか思っていなかったのですが、年末年始BSで全シリーズ一挙放送を見ておりましたら、どっぷりハマりました。

画像


トラブルメーカーだけどどこか憎めない寅さんと優しい周りの人々。
自分はハッピーエンドではないけれども、かかわった人たちは幸せになるという寅さんは素敵な人物だと思います。

子どもにはわからない世界ですなぁ…

そうそう、前の職場の同僚が『男はつらいよ』に出ておりましてね。
飲み会の時にぽそっと「渥美清さんかわいがってもらったんだよ…」とその時の話しておりました。

エキストラ?

いえいえ、ちゃんと役が付いていて名前も出てくるんですよ。
オープニングで彼の名を見つけた時にはこそばゆい感じがしましたねぇ…

ある意味、大変な有名人なのですが、けしてえらぶることもなく腰の低い男でした。

現在は彼は転職をしてしまい交流がありませんが、元気でいるのかなぁ…

ニュースを見ていて、彼のことを思い出してしまいました。

えっ、三崎千恵子さんの事と関係ないじゃないかって?

おいちゃん、それを言っちゃぁ、おしまいよ…





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

simatoki
2012年02月16日 19:47
寅さん一家の人たちが、どんどん欠けていき寂しいかぎりです。
ロンパパ
2012年02月18日 00:37
そうですねぇ…最近、昭和の名優 逝くなんて言うニュースが多くて寂しいですよね。
今の事態と違う空気が映画の中に流れていて、男はつらいよはおおらかな時代の象徴ですね。
文殊
2012年02月18日 21:14
私も寅さんシリーズ大好き!
なので柴又は良く行きます。

ロンパパさんの知人が出演とは!?
もしかして・・・(考え中)桜の息子の
幼少時or乳幼児とか?

「寅ちゃんには困ったもんだねぇ」のセリフが
一番印象に残ってます。
今頃は天国で同窓会かしら・・・
ロンパパ
2012年02月19日 00:28
『男はつらいよ』は本当に面白いですよね。
前にロンさんと一緒に矢切りの渡しに入ったのですが、柴又へは一度も行ったことがないんですよ。
ぜひ一度行ってみたいものです。

で、知人はそのもしかしてですよ。
記事中の写真はTVの画面撮りですが、彼が出ているシーンを選んでみました。

この記事へのトラックバック