なのにあなたは名古屋に行くの…その2

さて、次なる目的地ですが…

最初は『酢の里』を見てから宿に直行の予定でした。

が、しかし、

画像


道すがら見かけた半田市役所に掲げられた看板。
来年2013年は児童文学作家・新美南吉が誕生してから100周年なのだそうで…

新美南吉が愛知県半田市出身だというのをはじめて知って『新美南吉記念館』を見に行きました。

入り口周辺には…

画像


童話『ごんぎつね』や…

画像


『てぶくろを買いに』をモチーフにした像があります。

大正生まれの作家の記念館ですから歴史の重みのある建物かな?と思いながら見てみると…

画像


なんと、半地下のモダンな建物…

中には29歳で亡くなった新美南吉の生涯がわかる展示物や…

画像


画像


画像


代表作『ごんぎつね』や『てぶくろを買いに』の世界を表現したジオラマがあります。

画像


館内には隠れキャラのようにキツネのマスコットがいますのでそれを探してみるのも楽しいかも…

半田市内はレンガ造りのカブトビール工場跡など見て回ると面白そうなところがいっぱい。
でも、宿のチェックイン時間が近づいていますので、後ろ髪をひかれる思いで名古屋市内へ。

今回の宿は…

画像


KKRホテル名古屋です。
一人旅なのですが、ぜいたくにもツインルームを取ってしまいましたぁ…

画像


ホテル公式サイトからだとおひとり様では絶対にとることができない部屋ですが、
旅行社経由だとこんなわがままができるのがうれしい…

さらにうれしいのは、カーテンを開けると目の前には…

画像


名古屋城!!

言うことなしです。

旅の荷物を下ろしたら、夕飯を食べに町中へと繰り出しました。
何を食べたかはまた別の回で書こうと思いますが…

食後に栄をぶらぶらと散策。

画像


画像


一人ですから羽目を外すこともなくホテルに戻り早めの就寝。

画像


窓から見える夜景をまったりと楽しみ翌日に備えたのであります。

********************************************************************************************
新美南吉記念館



住所 愛知県半田市岩滑(やなべ)西町1‐10‐1
電話 0569-26-4888 
開館時間 午前9時30分~午後5時30分
休館日 毎週月曜日・毎月第2火曜日・年末年始
     (展示室リニューアルのため2012年12月1日から2013年1月5日まで臨時休館予定)
入館料 210円(ただし中学生以下無料)
駐車場 乗用車42台
     大型バス7台 無料

 

       





ごんぎつね (日本の童話名作選)
偕成社
新美 南吉

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ごんぎつね (日本の童話名作選) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





KKRホテル名古屋
楽天トラベル
名古屋城を目前にした緑豊かな環境と広々ルーム(液晶TV・LAN接続可)


楽天市場 by KKRホテル名古屋 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







純系名古屋コーチン / ごんのたまご 20個+たまごパンとマドレーヌ
愛知県半田市 たまごプラザ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 純系名古屋コーチン / ごんのたまご 20個+たまごパンとマドレーヌ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

simatoki
2012年09月11日 12:03
新美南吉?と思いましたが、ごんぎつねの作者でしたか。
我が家にも絵本がありました。なつかしいです。
建物もおしゃれで見所のある記念館の入場料210円は驚きです。
名古屋は、たくさん見どころがあるんですね。
ロンパパさんが再来したわけがわかります。
美味しいものも沢山あるんでしょうね。続きが楽しみです。
ロンパパ
2012年09月12日 11:03
simatokiさん、おはようございます。
『ごんぎつね』は知っていても作者である新美南吉の名前が出てこない…
私もそんな一人です。
記念館の最寄り駅である名鉄・半田口から記念館までの道のところどころにごんぎつねをモチーフにした看板があるのでそれを見て歩くのも楽しいですよ。
しかし、記念館があまりにもモダンなのとその周辺が公園として整備されているのには驚きました。
公園なんかももとくるとももが喜びそうな感じでしたよ。
マミー
2012年09月13日 00:28
新美南吉は大好きでした。
この記事を読んで思いだしました。ごんぎつね。手袋を買いに。
今でも大切にとってあります。孫が生まれたら、読んであげたいと…

愛知の人だったんですね。
懐かしい想いに浸れました。有難う
keiko
2012年09月14日 12:21
KKRホテルここを出張の時にいつも利用してました♪
真正面にお城が見えるんですよねぇ。

ごんぎつねのふるさとがここにあるとは。
私はどこを見てたのでしょう。
ロンパパ
2012年09月14日 13:39
マミーさん、こんにちわ。
新美南吉の作品はごんぎつねしか知らなかったんですが、ごんぎつねの絵本(黒井健さんのイラストの物)が大好きで、記念館で見つけたとき思わず涙が出てしまいました。
ストーリーも奥が深いと思います。
ロンパパ
2012年09月14日 13:43
keikoさん、こんにちわ。
今回初めてKKRホテルを利用したのですが、官庁街の真ん中なので静かでとてもよかったです。
また、名古屋に行くことがあれば利用したいですね。
ただ、難点と言えば近所にお店が少ないこと…
でも、二キロ圏内には栄などの繁華街があるのでレンタサイクルなんかがあると便利でいいと思いますね。
ごんぎつねの物語は知っていましたが、東北のほうで生まれた物語だと思っていました…恥ずかしいことに
2012年09月16日 04:37
あーー名古屋城に栄、懐かしいな~♪
住んでいたからか写真を撮ろうなんて一度も思いませんでしたが、
こうやって見ると綺麗ですね~(*^^*)
新見南吉がまさか愛知県出身だとは思いもしませんでした!
「てぶくろをかいに」はなんとなく覚えてるけど、「ごんぎつね」は忘れてしまいました・・気になるから今度本屋で立ち読みしよう♪
ロンパパ
2012年09月18日 23:47
名古屋城にテレビ塔・オアシス21…
名古屋市内では夜景としてはえますよね。
テレビ塔前で写真を撮っていたら大学生ぐらいのカップルから、
「あの…僕たちも写真撮ってほしかったんですけど…」って言われました。
もちろんテレビ塔をバックに彼らのカメラで写真を撮ってあげたんですけど、『撮ってほしかったんですけど…』って、なぜ過去形になるか?
面白い二人でした。
『ごんぎつね』の絵本は4種類ほど出版されていますが、黒井健さんのイラストによるものが、物語と相まって泣けますよ。

この記事へのトラックバック