なのにあなたは名古屋に行くの…その4

今回の名古屋旅の話も早くも4話目!
久々のシリーズものですな。

そろそろ退屈になったころかとは思いますが、まだまだ写真はあり、鋭意編集中。
何話で落とすかまだ決めていないという状態で話は続きます。

さて、熱田神宮でお参りをした後、今回の旅の最大の目的。
いや、このために再び名古屋に来たといっても過言ではないところへと向かうのでありました。

画像


ETCのおかげで今回は遠慮・容赦なく高速・有料道を使っております。
(来月度の請求が怖い…)

余談ではありますが…

今回の旅、車で行くと家族に行ったとき家族は猛反対でした。
なぜならば…
『名古屋 交通事故ワースト→車の運転が乱暴→不慣れな土地で事故にあうのでは…』というイメージがあったみたいです。

まぁ、不慣れな土地であることには変わりないので心して運転をしていたのですが…
家族が心配するほどではない…

自動車を意識した街づくりになっているし、流れは速いけれど他の車の流れ(動き)もつかみやすい。

友人を訪ねて時々出かける静岡市内のほうが、自分にとって怖いです。

流れは速いのに道は狭い、ほかの車の流れは読めない…
何度ひやひやしたことか。

閑話休題。

中心部から高速に乗り、湾岸地帯にある…

画像


画像




JR東海の『リニア・鉄道館』であります。

こちらは2011年3月に開館したばかりの新しい博物館(鉄道保存展示施設)。
もともとは静岡県浜松市にあった佐久間レールパークが前身。
それの規模を大きくして、新幹線・中部地方で活躍していた車両を中心とした展示となっています。

画像


エントランスホールを抜けると出迎えてくれる3両。

左から

画像


東海道本線、山陽本線など主要幹線の優等列車(特急)牽引に使用された、C62蒸気機関車

画像


時速443.0キロの国内最高記録(リニアモーターカーは除く)樹立した、955型新幹線(通称300X)

画像


1996年 山梨の実験線用に開発された、本格的な客室スペースを持つ、MLX01-1 リニアモーターカー

暗い構内にスポットライトで浮き上がらせるなんて何とも憎い演出。
鉄道好きのテンションというか期待は否が応でもMAXへ…

2005年の愛・地球博で乗ることができたMLX01-1に…

画像


画像


シートには座れませんでしたが乗ることができ、感動もひとしお。

ここでおなか一杯になるわけにはいきませんので、奥の展示室へと進むのでありました。






ペンケース 新幹線コレクション
日車夢工房

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ペンケース 新幹線コレクション の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

simatoki
2012年09月14日 22:32
沢山の車両が展示できるとなるとかなり広い大きさですね。
孫がもうすぐ2歳になりますが、早くも電車マニア。
カタコトながらも、レッドアロー(レッドアド)と新幹線(しんかんしぇん)の大ファンです。ここに連れてきたら、帰るのがいやだと泣きそうです。
ロンパパ
2012年09月16日 01:22
simatokiさん、2歳のお孫さんが早くも鉄道ファンの片りんを見せているとのこと…
確かに平日にもかかわらず、小さな子供を家族連れ・おじいちゃんおばちゃんときているグループなどが目立ちましたよ。
二歳ぐらいだと実際の電車よりも鉄道模型などのほうが喜ぶのかな?
こちらには本格的な鉄道模型ジオラマ(http://youtu.be/n1wMT1KaIpc)だけでなく、プラレールで遊べるキッズコーナーなどがあるので、子どもと出かけると1日中楽しめますよ。
2012年09月16日 04:41
こちらがメインでしたか!!
もちろんあることも知りませんでした・・(^^ヾ
名古屋の道路・・路上駐車多くありませんでした?!
文殊
2012年09月17日 09:21
ぬぉ~うらやましい~!
リニアの扉が、なんだか松本零次ちっく♪
子供の頃マンガで見た未来世界が
現実になってきているのですね・・・
ロンパパ
2012年09月19日 00:16
リニア・鉄道館は昨年の3月に開館したので、好きな人じゃないと知らないかも…
JR東海がCMを打っていたみたいでしたが、見たことがありません。
中京地区限定だったんでしょうかねぇ…
今回のタイトルの『なのにあなたは名古屋に行くの』はチェリッシュの名曲『なのにあなたは京都へ行くの』からとったのではありませんよ。
名古屋の交通事情を心配する家族の発言からです。
でも、路上駐車もこちらより少なくて走りやすかったですよ。
ロンパパ
2012年09月19日 00:20
文殊さん、こんばんわ。
鉄道博物館よりも先にリニア・鉄道館へ行ってきました。
本当に鉄道の進化って面白い。
リニアモーターカーが常識となる時代もいつか来るのでしょうね。

この記事へのトラックバック