今年も行ってきましたぁ…その2

さて、続いてはU-4多用途支援機(75-3252)とC-1中型戦術輸送機5機による飛行展示。

画像


画像


ただ普通に飛ぶ、準政府専用機 U-4(ガルフストリーム IV)多用途支援機よりも
見どころは空挺降下や輸送機なのにT-4中等練習機ばりのアクロバティックな飛行をするC-1でしょうね。

画像


5機編隊で飛んでくるC-1を見ているとワーグナーの「ワルキューレの騎行」が頭の中で流れてくるのは私だけではないはず…

画像


画像

 
就役から40年ほどたつC-1輸送機。
C-130Hが導入されたとはいえ、後継機のC-X次期輸送機に切り替わるまではまだまだ時間がかかりそうなので、この愛嬌がある姿を見ることができそうです。

画像


画像


空挺降下は上空の風が強いので中止となってしまいましたが…

画像


画像


画像


機体を90度近く傾けての急旋回をしてみせるC-1輸送機を見ていると、戦闘機とまた違った魅力を感じますね。


 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

文殊
2014年11月07日 12:45
地獄の黙示録ですねぇ♪
C-1って、ホントに器用に飛びますよね。

以前自衛官の方に、何で飛行機に地上で
使うような迷彩を施しているの?と
聞いたところ、「わかんない・・・そそ、CH-47Jと
同じペンキ使ってるんだよ!」と、変な答えで
誤魔化されてしまったのを思い出しました。
そんなの、見りゃ分かりますって!
ロンパパ
2014年11月10日 23:39
C-1輸送機って本当にいい味を出していると思うですよ。
で、C-1の塗装の件ですがC-1の使われ方がすべてなんでしょうね。
機体上面は地上迷彩。下面は白い塗装。
低空を飛行するために上空にいる戦闘機からは見つかりにくいようにといった理由なんでしょうね。
しかし、自衛官の方の返事がめちゃくちゃな位強引な理由ですね。

この記事へのトラックバック