房総ドライブ…その3

だいぶ間が空いてしまいましてすみません。

今日は土用の丑の日。
通りがかけの牛丼店で店員さんがのぼり旗を振ってうな丼のアピールをしていました。
おそらく発注単位を間違えて大量に入れてしまったんだろうなぁ…などと思いつつ店の前を通り過ぎました。

今年はウナギの値段が去年よりかは少し安いそうです…
我が家の食卓にも蒲焼が…

ウナギではなくてイワシでしたが…

人間は夏バテ予防でウナギを食い、ウナギにとっては毎年繰り返される受難の日
今年は8月5日にもあるので、ウナギに生まれてこなくてよかったと思うわけで…

さて、久留里城址を後に次に向かったのは『大山千枚田』。



大山千枚田は、房総半島のほぼ真ん中にあり、東京から一番近い棚田で、
面積約4ヘクタールの急傾斜地に、大小375枚の田んぼが連なり
日本で唯一雨水のみで耕作を行っている天水田なのだそうです。

画像


目の前に広がる緑豊かな風景…
出かけた日はとても暑かったのですが、棚田を吹き抜ける風はさわやかそのもの。

ぜひこの風景をパノラマ写真でお楽しみください…

画像


画像


もう、この風景を見ると、なにもいうことはないですよねぇ…
こんなところが東京から2時間程度で見られるなんて思いもよりませんでした。

そういえば、ここ大山千枚田には2010年の千葉国体の際に天皇・皇后陛下が訪問され…

「刈り終へし棚田に稲葉青く茂りあぜのなだりに彼岸花咲く」

という短歌を残されたそうです。

秋に来るとまた違う風景が見られるのでしょうね。
(その頃は駐車場や周辺道路は大混雑しそうな気がしますが…)

時を忘れて、友人とともにまったりしてしまいました。

そうそう、この大山千枚田の谷向こうには千葉県で最も高い山…

愛宕山(嶺岡愛宕山)

があります。

標高408.2mで、山頂には航空自衛隊 中部航空方面隊第44警戒隊の防空レーダー施設があります。

画像


事前に申請すると山頂まで登ることができて、登頂証明書までいただけるそうです。
そちらのほうはまた別の機会にということで…

房総半島の中央部から東京湾側へ抜けてお昼をとるため、保田漁業直営の食堂『ばんや』さんへ。

久しぶりの訪問で、新たにバーベキューコーナーができていましたが、そのボリュームと割安な価格は健在でありました。

くわしくは過去記事(http://ronsaku.at.webry.info/200802/article_11.html)見ていただくとして…

二人で小エビのかき揚げ丼・イカかき揚げ丼・ヒコイワシのお刺身・フグのから揚げをしめて3500円で食し
お腹パンパンで月なる目的地『伏姫籠穴』へと向かいました。



改訂新版 千葉県の山 (新・分県登山ガイド)
山と渓谷社
中西 俊明

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 改訂新版	千葉県の山 (新・分県登山ガイド) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

文殊
2015年07月27日 14:55
「千枚田、とれるお米は 何米だ」と
安田さんが詠んでいたような・・・

愛宕山って、千葉県最高峰なんですよね。
世の中には、百名山ではなく各都道府県の
最高峰を制覇するのが目的という人もいる
のですが、この愛宕山は自由に登れない分
難易度が高いそうです。
山頂までは自衛官の案内つき&ちょっとの
有事で立ち入り禁止になるそうです。

気になりますよね。
simatoki
2015年07月28日 14:17
美しい千枚田ですね。
大山千枚田、覚えておかなくちゃ。青々した山のてっぺんに人工の建物。それも自衛隊の建物となると現実にひきもどされますね。
ロンパパ
2015年07月29日 09:43
おはようございます。文殊さん。
『千枚田 とれるお米は…』は試験に出る石川県で安田さんが読んでいましたよね。
千葉県には愛宕山っていうのが何か所かあって、嶺岡愛宕山と呼ぶのが適当みたいです。
上った人の話を聞くと標高はたいしたことなくても結構急な斜面を登るそうですね。
文殊さん、登頂を試みませんか?
ロンパパ
2015年07月29日 09:50
simatokiさん、おはようございます。
とてもきれいな千枚田で時間を忘れてのんびりしてしまいました。
秋は周辺が混んで大変だと思いますが、ぜひ一度訪れてみるといいと思いますよ。
谷向かいにある自衛隊のレーダーサイトはのどかな光景の中では確かに引くかも…

この記事へのトラックバック