日本一新しい博物館に行ってきましたぁ…

さて、話のネタの時間軸が乱れておりますが、静岡在住の友人とのお出かけの話であります。

『おそらく、いま日本で一番新しい博物館があるから見に行こうよ。』

というので、彼が案内するがままに車を運転し、たどり着いたのが…

画像




画像


こちらであります。
その名は

『静岡県立ふじのくに地球環境史ミュージアム』

えっ、どう見ても学校ではないのか?って
そう、そうなんですよ。
ここは県立静岡南高校(静岡市立商業高校と統合。現 県立駿河総合高校)の跡地有効活用で誕生した博物館でもあるのです。

画像


博物館ぽくないたたずまい…

画像


学校であった事を容易に想像できるものまであります。

さて、こちらの博物館展示のコンセプトは

『百年後の静岡が豊かであるために ~静岡県の多様な自然を読み解き 人と自然の共生する未来を提案する~

自然科学に関する展示になっています。

画像


エントランスホールから各展示エリアへ向かいます。

画像


どこか懐かしい感じのする廊下の先に展示室はあります。

画像


画像


画像


教室であったことがわかるつくりと…

画像


机などの備品を上手に使った展示になっています。

もちろん教室をそのままの形で残した区画もあって…

画像


画像


画像


どこからか高校生のはつらつとした声が聞こえてきそうな空間。

古い建物を建て替えて、新しい施設にするというのではなく 
ある建物を生かして、新しいものにする。

博物館コンセプトの『人と自然の共生する未来を提案する』というの一つの表れなんでしょうね。

画像


学芸員の方にお話をうかがったのですが、静岡で初めての自然科学総合博物館なので展示の仕方や運営の仕方について手探りのところがあるそうなのですが、広く認知される博物館にしたいとの事でした。

住宅街の奥にあるので、お世辞にも交通の便がいいとは言えないのですが、見晴らしのいい自然の中にある博物館です。
今後、静岡県のみならず自然科学学習の拠点となるよう期待したい博物館でした。











********************************************************************************************

静岡県立ふじのくに地球環境史ミュージアム

住所 静岡県静岡市駿河区大谷5762
電話 054-260-7111
常設展観覧料 大人 300円
          大学生以下・70歳以上の方 無料
駐車場 200台収容
公共交通機関 静岡駅北口バスターミナル8番乗り場 美和大谷線『東大谷』行
          『井庄』下車 徒歩15分
ホームページ https://www.fujimu100.jp/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

simatoki
2016年04月13日 09:37
『人と自然の共生する未来を提案する』博物館。
いいですね。卒業生もこうやって校舎が使われ残っていることは、嬉しい事でしょう。
文化祭のような雰囲気もありますね。
ロンパパ
2016年04月19日 23:42
新しいことを始めるのにはまずは形から…っていう考え方がありますが、あるものを工夫して新しいことを始めるというコンセプトで作られた博物館でなかなか興味深い博物館でした。
訪問した日は県立駿河総合高校 茶道部の生徒さんたちが教室でお茶を振舞っていました。
本当に文化祭のような雰囲気が流れていました。
今後もいろいろなイベントを開いて盛り上がるといいなぁ…と思いました。
ちょっと不便なところにありますが、面白いと思いますよ。

この記事へのトラックバック