それでもって静岡で鳥見…

『ふじのくに地球環境史ミュージアム』を後に向かったのは

友人がバードウォッチングのホームフィールドにしている巴川流域麻機遊水地であります。



麻機遊水地は昭和49年7月の七夕豪雨による巴川氾濫を契機にはじめられた治水対策として整備された多目的広場となっていて、年間を通じて多様な鳥が見られます。
(みられる鳥の一覧 http://asabata.org/wp-content/uploads/2013/10/panf_yacho.pdf

到着が遅く、日が大きく傾いてしまってからのバードウォッチング開始です。

最初に見つけたのは…

画像


ツバメです。
今年初めてその姿を見ました。

春先に南からわたってくるツバメ。
その数は生活環境の変化から年々姿が減ってきているといわれています。

池の周りを歩いて見つけた鳥は…

画像


オオヨシガモに…

画像


ヒドリガモ。

画像


ヨシガモに…

画像


マガモとカモ科4種類に

画像


水辺の鳥の代表カワウ
カワウと言えば真黒な鳥なのですが、写真(小さくてすみません)のカワウは頭のまわりが白いです。
これは婚姻色で白くなっていて、オスだけの現象なのだそうです。

画像
 

アオサギと亀。

ここまでは遠くにいましたが、こちらは割と近くで撮影できた…

画像


画像


コチドリに…

画像


ツグミです。

薄暗くなってきたので観察・撮影をあきらめ帰ろうとしたところ…

画像


画像


友人が大興奮!!
ヒクイナが出てきました。

以前紹介したクイナと同じく人目に付くところに出てくることは少ない鳥なんだとか…

短時間でしたけど、いろいろな鳥が見られて楽しい麻機遊水地でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

simatoki
2016年04月13日 09:42
鳥の名前って難しい。
普段、みかけないし、見つけても逃げてしまうし。
ロンパパさんは、どうやって覚えたんでしょうか?最近、記憶力がヒューヒューになってきた私には無理か。
ロンパパ
2016年04月19日 23:53
simatokiさん、確かに鳥の種類の見分け、鳥の名前を調べるのって難しいですよね。
自分も一人だとわからない時があります。
人(友人)に教えてもらったりするのですが、スマホ片手に現地で調べたりしています。
意外と重宝しているのがサントリーのホームページから入る『愛鳥活動』のページです。
身近にいる鳥を中心に鳴き声なども入っているので便利ですよ。

この記事へのトラックバック