今日で最後です。

画像


最近は全日空に押されぎみですが、日本を代表する航空会社(ナショナルフラッグキャリア)として、その名をとどろかす日本航空。
1951年8月1日に設立され、33カ国214空港を結んでいます。

長年にわたって日本航空の象徴とされてきたのが、『鶴丸』といわれるマークですね。
私は海外へは1度しか行ったことがないので、実感がないのですが海外を移動する日本人にとっては、この日本航空の『鶴丸』を見るとほっとすると言うぐらい定着したマークでした。
この『鶴丸』が今日5月31日を持って世界の空から消えることになりました。

画像


1960年7月にDC-8「Fuji」号(←昔は1機1機に愛称が付いていたんですよねぇ)に書かれたのがはじまりだそうです。
48年間の長きにわたり日本航空の象徴だったんですよねぇ…
ちなみに私が、はじめて乗った旅客機は日本航空のB747-400(「スカイクルーザー」:導入当時の愛称です。全日空は「テクノジャンボ」と呼んででいました。)でした。

これからは…

画像


「The Arc of the Sun(太陽のアーク)」と呼ばれる新塗装機だけになります。
自宅の窓から、たまに上空を飛んでいる飛行機を見ることがあって、新塗装機はすぐに「JALだ!」とわかるのですが、名物「鶴丸」がなくなるのは寂しい限りです。

ただ、地上から眺めているだけの空ちゃん(鉄道ファン=鉄ちゃん、航空機ファン=空ちゃん)の私は全日空・大韓航空の塗装がすきなのであります。


"今日で最後です。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント